国際標準語となりつつある英会話に初心者がトライするには

20年程前、第一次英会話ブームがあり、駅前の云々…というキャッチフレーズで話題になり、初心者が巷に溢れたことがあった。

だがそれも経営者の失態で急に下火になっていたが、最近第二次ブームが到来、全国展開の初心者向け教室が林立、注目を集めている。

理由はインターネットの普及にあるようだ。

同時に、世界情勢の激変で英語力の必要性が高まったことも事実で、大手ビジネス界では英会話が必須になったこともあり、これが拍車をかけている。

最早、英会話抜きでは生き残れない世の中になっていると言っても過言ではない。

これまでの日本では英語力として文法は教えるが会話は殆ど無視されてきた。

構文は理解出来るが話せない・聞けないという状態が永くつづいた。

それが、ここにきて会話力が重要視されはじめた訳で、遅ればせながら一応は時流に乗った感がある。

だが、世界的調査機関のレポートによると主要25か国の中で日本の英会話人口は22位という結果になっている。

アジア隣国の内訳を見ると、一位韓国・二位中国・三位台湾・四位日本で、何と最下位なのである。

英会話が出来ない民族としてメディアなどで時折このことが報じられるようになり、勢い「初心者の英会話」

教室が全国で開校されるようになったのも事実だ。

地球的標準語で会話できない日本人。

机上論理だけで教育制度を行ってきた我が国も最近、英語力の必要性を認識したのか、小学年から英語課程導入を検討。

遅きに失した感はあるが、これからが正念場である。

だが、国の提言など意に介さず一般大衆は英会話に対して大きな関心を示し始めている。

初心者向けビジネスが日々進化している理由として、この言語を習得しなければ就職やビジネス業界では通用しない。

こういった思いが、従来では特定の人に限定されていた感の趣味的な英会話から現在を生きる人々の必須コミュニケーションツールとして定着し始めたのだ。

大手スクールの入学案内を見てみると実に細かな授業設定がなされている。

まず一番利用者の多いとされる「日常コース」

を筆頭に、ビジネスコース・小学校英語指導者資格取得コース・TOEICテスト対策コース等々盛り沢山である。

概要を見るにはココで確認すると良い。

英会話の初心者でもこのサイトを見れば大丈夫!